スマートポスターボード ―聴衆の反応のセンシング― | 京都大学ICT連携推進ネットワーク

スマートポスターボード ―聴衆の反応のセンシング―
Smart Posterboard --Sensing Audience's Reaction

概要

ポスターを用いてプレゼンテーションを行う場(「京都大学ICTイノベーション」もその一例)において、会話をマルチモーダル(音声・映像)で収録し、聴衆の反応をセンシングする環境を構築している。具体的には、いつ誰が来て発言したかを自動で検出するとともに、視線や相槌などのパターンから興味や理解の度合いも推定する。

産業界への展開例・適用分野

展示会等での聴衆の反応・フィードバックの記録と視覚化
デジタルサイネージの高度化

研究者

氏名 専攻 研究室 役職/学年
井上 昂治 知能情報学専攻 河原研 修士1回生
河原 達也 学術情報メディアセンター 河原研 教授

Website


PAGE TOP