言語グリッドのビジネス利用に向けて | 京都大学ICT連携推進ネットワーク

言語グリッドのビジネス利用に向けて
Toward Commercial Use of Language Grid

概要

「言語の壁」は世界が持つ問題である。この壁を越えるために、言語資源(辞書、構文解析、機械翻訳など)を言語サービスとして共有し連携させる言語サービス基盤「言語グリッド」を構築してきた。しかしながら、既存の言語グリッドでは、知財の厳しい言語サービスも共有されていたため、そのようなサービスに合わせてユーザの利用範囲は非営利目的に限定されていた。そこで、ユーザが必要とする言語サービスパッケージを選択してダウンロードし自分専用の言語グリッドを構築可能とする「パーソナル言語グリッド」を開発した。これにより、選択した言語サービスのポリシーによってはビジネスでの利用も可能になっている。

産業界への展開例・適用分野

言語サービス基盤を企業内に導入することで、企業内で保有する言語資源(業界用語集や社内用語集等)と既存の翻訳サービスを連携させた多言語サービスの構築が容易になり、海外拠点のスタッフとの多言語コミュニケーションへの活用が期待される。

研究者

氏名 専攻 研究室 役職/学年
村上 陽平 社会情報学専攻 石田・松原研究室 特定研究員
Trang Mai Xuan 社会情報学専攻 石田・松原研究室 博士2回生
佐々木 健人 工学部情報学科 石田・松原研究室 学部4回生
大谷 雅之 社会情報学専攻 石田・松原研究室 特定研究員
林 冬惠 社会情報学専攻 石田・松原研究室 特定助教
石田 亨 社会情報学専攻 石田・松原研究室 教授

Website


PAGE TOP