主催者挨拶

京都大学 大学院情報学研究科 研究科長 河原 達也

写真 河原 達也

京都大学情報学研究科は、1998年に我が国初の「情報学」の研究科として創設され、約120名の教員と約560名の大学院生を擁する我が国最大規模の研究科です。研究分野は、狭義のICTだけでなく、数理・データサイエンス・AIのほぼあらゆる領域を包含しています。運営費交付金に加えて、毎年様々な公的機関・企業様から約10億円の外部資金を頂いて、独創的・最先端の研究を行っています。「京都大学ICTイノベーション」は、その研究成果を広く発表するとともに、今後の産官学連携・人的交流につなげていく場です。コロナ禍においても、その重要性は変わることはありません。多くの方のご参加を期待しています。

京都大学 学術情報メディアセンター センター長 岡部 寿男

写真 岡部 寿男

学術情報メディアセンターは、学内外の方々と共に最先端の研究を進める共同利用・共同研究拠点としての活動を行うとともに、学部,大学院の学生の教育・研究にも携わっています。研究としては、人・物・環境のセンシング技術から、大規模かつ高速な計算基盤またそのためのアルゴリズム、画像・音声・言語などのメディア処理、データを人間にわかりやすく可視化し分析を支援する技術など、幅広い入力・計算・出力を扱っています。これまでのICTイノベーションでは,学生の研究も含め、センターの研究活動を紹介させて頂き、様々な情報交換をするとともに、貴重なコメントを数多く頂いてきました。今回も有意義な議論ができることを大いに期待しております。

プラットフォーム学卓越大学院プログラム プログラムコーディネーター 原田 博司

写真 原田 博司

京都大学は、2021年度から、5年一貫の博士課程「プラットフォーム学卓越大学院プログラム 」を情報学研究科、農学研究科、医学研究科、防災研究所、公共政策大学院が連携して新たにスタートさせます。このプログラムは情報技術と通信技術を融合させた情報学と、情報やデータ創造し、価値創造を行う現場領域(農学、医学、防災等)および文系学術との系統的な連携によりプラットフォーム学を新たに創造し、この複数専攻領域からなるプラットフォーム学の知識と高度かつ独創的な基盤技術に関する研究力を取得できる教育プログラムを提供し、世界を牽引するプラットフォーム構築者を育てるものです。ICTイノベーションでは、このプラットフォーム学卓越大学院の概要、入学・履修関連情報、産学官連携の方法等の紹介を行います。

京都大学 産官学連携本部 本部長 室田 浩司

写真 室田 浩司

京都大学は、産学連携活動を通じて、大学の知を産業界に繋ぎ、共に新たな価値の創出を促進させることで、未来創造と社会課題の解決に取り組んでおります。そのためには、知的財産の確保、研究成果の技術移転などにとどまらず、創造的な対話と積極的な協調を通じたオープンイノベーションを産業界の方々と築き上げていくことが、不可欠となります。「京都大学ICTイノベーション」は、本学における情報通信技術に関わる最先端の研究成果を広く公開し、イノベーションを促進するためのイベントです。おかげさまで15回目を迎えることができました。本学が進めている実用化に近い先端研究と、産業界の優れた技術力や事業構想力を有機的に結び付ける場になることを大いに期待しています。