連携推進コーディネーション

産学双方向の連携コーディネーションを、以下のように実施しています。

1. 産→学

  • 連携推進ネットワーク参加企業から5-10年後を目標とした技術開発テーマを収集します。 典型的には、2,3テーマを数枚のスライドに記述頂ければと思います。
  • 事務局が、興味を示した研究室と企業とのマッチングを実施し、共同研究や委託研究等への道筋を作ります。

2. 学→産

  • 大学で、企業での実用化に適すると思われる研究成果を収集し、連携推進ネットワーク参加企業に開示します。
  • 事務局が、興味を示した企業とマッチングのための小規模なセミナーを実施し、共同研究や受託研究等への道筋を作ります。

本コーディネーションの特徴は、連携推進ネットワーク運営委員会が、情報学研究科及び学術情報メディアセンターの全ての研究室と、連携推進ネットワークに参加する約50社の関連部門とのマッチングを組織的に行うという点です。既に全く新しい共同研究が開始しています。

詳しくは以下の産学連携コーディネーション担当にお問い合わせください。

  • ICT連携推進ネットワーク委員長 梅野健 ()
  • 京都リサーチパーク(株)産学公連携部 山口 素乃子 ()
PAGE TOP